追加募集日程

試験日

2021年3月15日月曜日

試験会場

酪農学園大学

北海道江別市文京台緑町582番地

試験時間

  • 小論文試験 10:00~11:00
  • 面接試験 11:30~

出願期間

2021年2月19日から
2021年3月8日まで

合格発表

2021年3月17日17:00

入学手続締切日

2021年3月24日まで
当日消印有効

追加募集対象となる
入学試験区分

総合型選抜自己推薦入学試験(後期)対象学類

農食環境学群 循環農学類

循環農学類では、「循環・健康・共生」をテーマに、人の生命を育む農畜産物の生産と、土地や水に代表される環境の関係を学びます。そしてこの学びを通じて、時代とともに変化していく「農学」を、永続性がありバランスの取れた「循環農学」として探求していきます。

農食環境学群 食と健康学類

管理栄養士コースを除く

食と健康学類には、食品の機能、開発・製造と流通の専門家ならびに管理栄養士の養成を目的に食資源開発学コース、食品流通開発学コースおよび管理栄養士コースの3コースを設置しています。いずれのコースにおいても基盤教育や専門基礎教育で基本となる科目を履修した後、それぞれの専門教育により知識を深めます。

農食環境学群 環境共生学類

環境共生学類は、環境をめぐる諸問題を客観的に解析する知識や技術を修得し、解決に向けた総合的な判断力を培うことを目指します。

出願書類・出願⽅法

出願書類および出願⽅法については、酪農学園⼤学受験⽣サイト内のWeb出願でご確認いただけます。
出願期間内に出願登録、および出願書類の提出をお済ませください。
その他⼊試に関する注意事項等は、2021⼊試要項をご確認ください。
※⾃⼰推薦に必要な情報を抜粋した「2021⼊試要項(⾃⼰推薦抜粋版)」もご活⽤ください。

出願
WEB出願

酪農学園⼤学受験⽣サイトへ→

PDF
2021 ⼊試要項

全体入試要項ダウンロード↓

PDF
2021 ⼊試要項

⾃⼰推薦抜粋版ダウンロード↓

特待⽣・減免制度・各種奨学⾦

+
本学の建学の理念に基づき、農業後継者・地域産業振興後継者の予定者および産業振興特別推薦入試「B推薦」・内部進学推薦入試(獣医学類特別選抜を含む)・指定校推薦入試・自己推薦入試・動物病院後継者育成推薦入試における後継予定者で、本学を第一志望としながらも経済的理由から修学が困難であり、かつ入学試験の成績が優秀な学生について、入学年次の「前学期授業料(授業料以外の学納金および諸会費は納付が必要になります。)」を免除する制度です。
  • 産業振興特別推薦入試の後継者対象「B推薦」・内部進学推薦入試(獣医学類特別選抜を含む)・指定校推薦入試・自己推薦入試・動物病院後継者育成推薦入試における後継予定者で受験される方が対象で、人数は入学定員の3%程度です。
  • 特待生を希望される方は、出願時に所定の用紙で申込みをしていただく必要があります。
  • 選抜は、提出書類(家計調査書)および入学試験成績に基づいて総合的に行います。
+
酪農学園大学に複数の学生(兄弟姉妹、夫婦、親子)が同時に修学する家庭(授業料の負担者を同一とする)の2人目以降の下級年次学生(同一学年の場合は、戸籍上の下位者または入学年次が後の学生)に対し、後学期授業料から2分の1相当額を減免します。ただし、大学院と大学の同時修学は対象になりません(大学院は対象外です)。
+
同窓生の子(一親等)が入学する場合、入学金から10万円を入学後に還付します(7月頃予定)。ただし、他の入学金減免制度との重複適用はできません。

※同窓生とは酪農学園が設置している(いた)学校(酪農学園大学、酪農学園大学大学院、酪農学園短期大学、北海道文理科短期大学、酪農学園大学短期大学部、野幌機農高等学校、酪農学園機農高等学校、酪農学園大学附属高等学校、酪農学園女子高等学校、三愛女子高等学校、酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校)の卒業生または課程修了者(大学院)です。

+
風水害等の災害を受けた世帯から、本学に2021年度入学を希望する受験生に対し、進学の機会を確保することを目的とし、以下の特別措置を講じます。
  1. 特別措置の対象者

    入学前1年以内において、入学希望者の学資負担者が風水害等の災害を受け、その世帯が災害救助法適用地域にある方。また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にあった世帯の方。

  2. 申請方法

    出願前に入試広報センターまでご連絡ください。(連絡先は巻末参照)  志願書に「罹災証明書」を添付。

  3. 特別措置の内容
    • 2021年度の入学検定料の全額、および入学手続き時の入学金の全額免除。
    • 他の本学の免除制度との重複適用を受けることができます。
  4. 免除方法等
    • 検定料:証明書(罹災証明書)の確認後に、検定料を志願者の指定口座に還付します。
    • 入学金:検定料免除(還付)が認められた合格者の入学金は免除します。
+
日本農業技術検定は、農業を学ぶ学生や農業を仕事にしたい人のための検定です。高校在学中に2級(学科・実技) 以上を取得した者については入学後、入学金を全額還付します(7月頃予定)。

※検定合格証書の写しを提出。

+
国の奨学機関である日本学生支援機構奨学金は、経済的理由により修学困難な優れた学生に給付または貸与を行うことにより、有為な人材の育成と教育の機会均等を寄与することを目的としています。 日本学生支援機構の推薦基準に基づき大学が推薦し、採否は日本学生支援機構が決定します。

在学採用(給付型・貸与型)

新規申し込みは毎年2回で、4月・10月に新規申し込み説明会を行いますので、奨学金を希望する学生は必ず出席してください。

奨学金の種類 奨学金の内容
第一種奨学金(無利子) 特に優れた学生で、経済的理由により著しく修学が困難な学生に貸与します。 【平成30年度以降入学者(途中年次への編入学及び再入学を除く)】 ・自宅:月額20,000円・30,000円・40,000円・54,000円から選択 ・自宅外:月額20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・64,000円から選択 【平成29年度以前入学者】 ・自宅:月額30,000円・54,000円から選択 ・自宅外:月額30,000円・64,000円から選択
第二種奨学金(有利子) 第一種よりも緩やかな基準によって選考され、在学中は無利子、卒業後は年3%を上限とする利子がつきます。 ・月額20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円から選択
入学時特別増額貸与奨学金(有利子) 入学時において、入学月を始期として奨学金の貸与を受ける方に対して、希望により入学月に一時金として貸与する制度です。(条件あり) ・100,000円・200,000円・300,000円・400,000円・500,000円から選択
給付型奨学金 意欲と能力のある学生で、経済的理由により著しく修学が困難な学生に給付します。 詳細は日本学生支援機構ホームページをご確認ください。

予約採用(給付型・貸与型)

高等学校等で事前に申し込みを行い、採用候補者として決定した者が大学入学後に所定の手続きをとることで奨学生として採用されます。 ※大学入学後の手続きについては、新入生発送物同封の案内をご確認ください。

緊急採用・応急採用奨学金

主たる家計支持者の失職・破産・病気・死亡等または災害等により家計が急変し緊急に奨学金が必要となった場合には、緊急採用(第一種)、応急採用(第二種)に申し込むことができます。(ただし、事由発生から1年以内) 希望者は直接各キャンパス担当窓口にご相談ください。

所得連動返済型の無利子奨学金制度について(第一種奨学金対象)

奨学生(返還者)の所得に応じて返還月額が決まる仕組みにより、無理なく返還ができるように設けられた制度です。

お問い合わせ

⼊試広報センター ⼊試課

〒069-8501
北海道江別市⽂京台緑町582番地
TEL 011-388-4138 / FAX 011-386-1220
フリーダイヤル 0120-771-663

出願期間 2021年 2⽉ 19⽇(⾦)〜 3⽉ 8⽇(⽉)

TOP